40代での脱毛

「脱毛はいつでもできるから・・・」と先延ばしにしていると、脱毛しにくくなってしまいますよ?

40代・50台になってこれば金銭的・時間的に余裕が出やすいですよね。

しかし、年齢的に白髪が増えてくる時期。

白髪が増えてくると脱毛しにくくなるんですよね・・・

私も、雑誌を見ていた時に、

「白髪になると脱毛しにくくなる」

ということを知ったときは衝撃でした。

これは怖いなと感じたので、白髪になると困ることを調べてみると、介護の時のおむつのお世話などが気になっている人が多いことを知りました。

管理人

介護なんてまだ先だから・・・と考えていると、いつの間にか介護される側に回るときが来ます。実際に他人におむつを替えられることを想像してみたら、ゾッとしてしまいますね・・・

その後、脱毛しようと決めて調べた内容や、実際に無料カウンセリングなどで体験したことをご紹介したいと思います。

もし、白髪になる前に脱毛しようと考えている人は、参考にしてみてください。

メアリクリニック カウンセリングルーム
レジーナクリニック横浜院 脱毛時の痛み
脱毛後の毛がスルッと抜ける
ミュゼプラチナム おすすめ
レジーナクリニック


安い価格の脱毛サロンは学生が多い

40代の脱毛サロンはダメ

脱毛したいなと感じて、色々な脱毛サロンを調べてみました。

  • ミュゼ
  • ストラッシュ
  • 銀座カラー など

テレビCMや電車広告などでよく見るので、「行ってみたい!」と思いました。でも、広告が若い子向けに、「若いモデルさん」、「お手頃な料金」、「きれいなデザイン」で作られているので・・・

「私みたいなおばさんが行っても大丈夫かな?」

「若いお客さんやスタッフから場違いと思われないかな?」

とも感じていました。

このままでは・・・と思っていたので、思い切って実際に脱毛サロンの無料カウンセリングに行ってみました。

脱毛サロンへ無料カウンセリングに行った感想

  • お客さんは学生くらいの子が多い
  • スタッフは若く、口調は丁寧だけど、少し気まずい
  • 他のお客さんが通るたびに視線を感じた
  • サロン内の雰囲気もオシャレで落ち着かない気がした

予想していた通り、若いお客さんが多いなと感じました。

カウンセリングの部屋も音漏れが無いようにしっかり囲われた部屋ではなく、声が漏れ聞こえてくるので、隣の部屋の内容も聞こえてきます。

若いお客さんとスタッフ同士は話が合うせいか、かなり笑い声なども聞こえてくるので気になりましたね。

管理人

顔は見えないように配慮されていますが、声はどうしても聞こえてしまいますね。内容をしっかり聞き取れるほどではないですが、それでも聞こえるのは精神的にストレスを感じる気持ちはわかります。

医療脱毛という方法も検討してみた

脱毛のことを調べる中で、少し料金が高いですが医療脱毛も試そうと思いました。

そこで実際に無料カウンセリングに行ってみると・・・

  • クリニック自体が落ち着いた雰囲気
  • お客さんもOLや主婦など、脱毛サロンより年齢層が高めに感じた
  • ただし、料金は脱毛サロンよりお高め
  • 脱毛行為は全て、医師・看護師によって施術される

といった印象を受けました。

カウンセリングをしてくださったスタッフに話を伺うと、白髪になる前に脱毛したいと考える40代あたりの女性は年々増えているということで、近い年齢のお客さんがいることがわかりました。

もちろん、若い女性もいるのですが、医療脱毛は料金が高いイメージから人数的に多くは無いそうです。

実際に私がカウンセリングしていた時に、ちらっと見えた方は30代くらいの女性かなと思わせるような人だったので、個人的には医療脱毛が良いなと思うようになりました。

脱毛はどうしても期間が必要なので、長く通うことを考えると、落ち着ける場所で診察・施術を受けたいですからね。

管理人

安心重視で通いたいなら、医療機関で脱毛施術を受けるといいですね。最近は医療脱毛も料金が下がっており、脱毛サロン並みのところも増えてきました。

40代で脱毛するなら医療脱毛がおすすめの理由

40代には医療脱毛がおすすめ

カウンセリングで聞いた話や調べた内容から、脱毛サロンは永久脱毛ができない。

毛の成長を抑える抑毛効果しかないことがわかってきました。

その一方、医療脱毛は永久脱毛できるので、どちらが良いのかチェックしてみました。

医療脱毛と医療サロンの違い

  • 脱毛サロンは永久脱毛できない(抑毛効果
  • 医療脱毛は永久脱毛
  • 脱毛回数:医療脱毛は回数が少ない
  • 安心度:医療脱毛は医師・看護師が対応
  • 勧誘:脱毛サロンは勧誘がある傾向
  • 痛み:医療脱毛は麻酔OK

医療脱毛と脱毛サロンの違いを考えれば考えるほど、私のような40代や近い年齢の人には医療脱毛で脱毛するべきだなと、どんどん医療脱毛に心が傾くことを感じました。

40代の女性にも色々な人がいると思いますが、

  • 仕事や家事・育児に忙しいから頻繁に通えない

という人が多いですね。私も毎月数回通う必要があるとすると、子供を預ける先を考えるだけで、旦那に気を遣ったり、託児所・ベビーシッターなどの手配をするのは疲れてしまいます。

脱毛回数が多いサロンは、ちょっと私の希望にあわないかもしれないと思うようになりました。

そして、医療脱毛のデメリットとして、

  • 料金が高い
  • レーザー脱毛は痛みが強い

このようなイメージが今まではありましたが、医療脱毛によっては料金が安い。痛みについては、脱毛器の進化・麻酔が使えるといったことで痛みが抑えられるところが増えてきていることがわかってきました。

このように考えると、私には医療脱毛がピッタリだなと感じるようになりました。

管理人

40代・50代になれば、多くの人がお金を自由に使えることができますが、学生は同じようなことは難しいですよね。ある意味、医療脱毛はお金に余裕がある人の特権のように感じるのかなと言う気もしますね。

介護脱毛として人気なVIO脱毛

介護脱毛としてVIO脱毛が必須

私の中では医療脱毛に決めました!そこで、次に考えたのは、「脱毛部位」です。

ネットや雑誌などを調べてみると、40代以上に人気な部位はアンダーヘア部のVIO脱毛や脇脱毛が人気のようです。

最近では「介護脱毛」という言葉が出てきて、「介護のために脱毛しようよ!」といった目的で使われています。

いつ介護が必要になるのかは人それぞれですが、他人におむつやお風呂の世話を手伝ってもらう将来を想像してみると、脇よりはVIOを脱毛すべきと考えるようになりました。

私が40代でVIO脱毛しようと思った4つ理由

1. 介護のお世話を軽減

はじめに心配だったことは、介護のお世話です。

家族やヘルパーさんにトイレ・お風呂のように、下の世話をお願いしなければならない時がくるでしょう。それが介護が必要な時です。

しかし、他の人に見られるのは絶対に恥ずかしいですよね。

しかも、陰毛が長ければ長い程、処理してもらう時間が長くなるし、ニオイも残ります。考えるだけで、ぞっとしませんか?

毛が無ければ、ニオイも残りにくく、処理も楽になり、私自身・お世話してくれる人の両方のストレスが減っていいですよね。

2. 自己処理のトラブル防止

昔とは違い、50代・60代でも温泉やプール、ジムなどで楽しむ人が増えています。金銭的に余裕が出てくる現れですね。

その反面、水着や裸になる機会が増えるので、他人からの視線が気になります。

カミソリ・電気シェーバーで自己処理している人もいますが、VIOは自己処理することが難しい場所です。だからといって、他人にやってもらうのも恥ずかしいです。

無理に自己処理しようとすると、肌を傷めて出血したり、普段しない体勢をとって体を痛めたりすることも考えられます。私は体が固いので今でもつりそうになります・・・

そして、毛抜き処理は絶対いけません。肌のトラブルの元なので、脱毛より治療する羽目にもなりかねません。

3. 清潔にしたい

これは年齢は関係ありませんが、下着の内側はどうしても汗やおりもの・生理で蒸れてしまいます。

最近を発生させる元なので、炎症・かゆみ・ニオイが気になることも多いですね。

  • Iラインは、おりものや生理が気になる人
  • Oラインは、おしりを拭くときに気になる人

このように、場所は違うけど、最近の繁殖からイヤな経験をすることをさけることができます。

4. ビキニラインをキレイにしたい

今はファッション・美容が40代でも十分楽しめて、プール・温泉に行く機会も多いです。

美意識が高い人にとっては、服の外側のオシャレだけでなく、内側の体の美も整えたくなりますね。水着姿は美しくないなんて思われたくないです!

その点、医療脱毛ではVIO脱毛の部位・範囲・デザインも相談することができます。

「ツルツルにしたい」、「ナチュラルに残したい」のように希望をつたえることもできます。

「介護脱毛を考えるとツルツルが良いけど・・・他の人に見られるのは恥ずかしい気がする。」

といった人もかなりいるようです。

私の場合は、旦那さえ理解してくれればいいと思っているのでツルツル派(ハイジニーナ)です。了解も得ています♪他の人に見せることはほぼ無いですからね。

どこまで脱毛するかについては、自分でしっかり考えておく必要があります。

何故なら・・・

脱毛は一度ツルツルにしてしまうと、元に戻すことはできません。

管理人

陰毛を減らすのか、無くすのか?をカウンセリング時に相談し、最終的にどうするのか家族ともしっかり話し合ってから決めることをおすすめします。

年をとればとるほど、理解力が乏しくなってきます。

脱毛のカウンセリングは横文字が多いので、スタッフの話している内容が理解できないことが増えてきます。

気の弱い人だと、内容を理解せずにスタッフの薦められるがままに流されてしまい、気づいたときにはツルツルにしてしまった。その後、家族から冷たい目で見られたのようなこともあるようです。

このような事態は絶対避けたいですね。

だからこそ、理解力のある40代あたりで脱毛しておくべきと考えています。

実際にVIO脱毛した人から話を聞いてみると、「なんでもっと早くやっておかなかったのかな」とおっしゃっている人が多いことも、私の背中を押してくれました。

管理人

40代の女性がVIO脱毛する人が増えてきているようなので、水着や温泉でもおしゃれにVIO脱毛しているのかチェックされる時代になるかもしれないですね。

白髪になると脱毛効果が薄くなる

40代で白髪が増える前に脱毛すべき

初めて聞いたときは、ビックリしました。

白髪になると脱毛効果が薄くなってしまうなんて・・・

そして、このときに「毛が黒いうちに医療脱毛しよう!」と決めました。

このまま時間が経てば、白髪で脱毛できなくなり、介護されるときに恥ずかしい思いをしてしまうことになる。

それだけは避けたいとと言う思いを募らせました。

そして、脱毛と同時に、白髪になることを遅らせられないのかも調べましたので、ご紹介します。

レーザー脱毛のメカニズム

レーザーを毛に含まれる黒い部分のメラニンに照射し、毛乳頭を破壊することで毛が生えなくなり、脱毛されるということになります。しかし、白髪になるとメラニンが毛の中に含まれない為、脱毛できなくなるわけです。

レーザー脱毛のメカニズムを知っている人は、毛の色が薄くなってくると脱毛効果が無くなっていることを知っています。

必ずしも、真っ白な毛だけが脱毛しにくいのではなく、黒と白の中間で薄い色の毛もメラニンの量が減ってくるので、脱毛効果を感じにくくなってしまう理由です。

全ての毛が同じ量のメラニンが含まれていれば、レーザー照射レベルの調整で有効な光量に変更できます。しかし、毛の色が黒い部分があったり、色が薄い部分があったりすると特定のレーザー照射レベルに設定できません。

つまり、レーザーを照射しても脱毛効果を感じない毛が、一定量存在してしまいます。

そのようなメカニズムを知っている人は、20代・30代でもおしゃれ感覚で脱毛したり、将来を見据えて脱毛する人まで色々いるので、VIO脱毛をする人が増えてきているんですね。

管理人

白髪染めしたら脱毛できるの?と考える人もいますが、毛染めは毛の表面を染めているだけで、内部は黒くなっていません。その為、白髪染めしても、レーザー脱毛できないことは知っておきましょう。

白髪になることを遅らせる方法

誰でも白髪になることは避けられないですが、少しでも黒い毛のままでいたいですよね。

そこで、白髪になる理由を調べてみると、

  • 老化
  • 栄養不足
  • 生活習慣
  • ストレス
  • 遺伝 など

が理由となって、黒髪から白髪になると言われています。

老化によりメラニン生成時に必要なチロシナーゼが減少することは止められません。

しかし、栄養バランスをしっかりとることで、メラニンが減ることを抑えられます。

タンパク質・ミネラル・ビタミン・葉酸をとることで、元気な毛を作り出し、頭皮にも十分な血流を送ることができるので、栄養が行き渡り、髪が栄養不足により白髪になることを防止します。

血液が流れにくくなる別の理由としては、自律神経の乱れも含まれます。

精神的・肉体的ストレスを感じることで、血管が収縮し、血流が流れにくくなるので、頭皮・髪の毛に血液から栄養が行き渡らなくなることになります。

つまり、栄養を十分に取り、ストレスを感じないリラックスできる環境を作ることが、白髪になることを遅らせる方法と言えます。

ただし、遺伝的に白髪が多い家系の場合は、若い頃から白髪になりやすいので栄養・ストレスを改善させるだけでは白髪になることを遅らせることは難しいです。

これだけは避けたい白髪の脱毛方法

介護脱毛の為にVIO脱毛したいと思っても、既に白髪になっている人もいるかもしれません。

でも・・・私はこの事態だけは絶対避けたかったので、すぐに医療脱毛に飛び込みました。

これだけ聞くと「何がそんなに避けたいの?」と思われるかもしれませんね。

ここまでの説明では、白髪になると脱毛効果が薄くなるという話をしてきました。でも、脱毛する方法が無いとは言っていません。

つまり、白髪の脱毛方法はあります。

しかし、個人的にはおすすめしませんが、ご紹介します。

白髪脱毛できるニードル脱毛は痛すぎる+料金が高い

レーザー脱毛ではなく、ニードル脱毛することで白髪を脱毛することができます。

「し・か・し!!ものすごく痛いともっぱら評判です。」

昔はニードル脱毛が主な脱毛方法だったので、脱毛は「痛い」、「高い」というイメージがついてきました。

今でも痛みは変わらないし、料金も1本100円以上はするので、脇などの1部位を脱毛するだけでも数十万円すると言われています。

ましてや、50代・60代の高齢になってから、ものすごく痛い脱毛に高額な料金をかけてまでやる気持ちが私にはありませんでした・・・

どうしても白髪を脱毛してみたいという人は、脱毛サロン「TBC」で試してみるのもいいかもしれませんね。

40代で脱毛するのにおすすめ医療脱毛

40代の方の医療脱毛おすすめはココ

私は白髪の脱毛をすると決めてから、脱毛サロン・医療脱毛を色々と調べて、どこが良いのか自分なりに考えてきました。

ネットの情報だけでなく、実際に無料カウンセリングに行って、店の中の雰囲気やスタッフの対応などを見たり、店ごとのサービス内容について質問もしてきました。

私が体験する中で、「ここなら私も長く通ってみてもいい!」と思ったところを厳選しました。

もし、これから白髪になる前の脱毛を早く終わらせたいと考えている人がいれば、これからおススメする医療脱毛で一度無料カウンセリングに訪れては?と思います。

レジーナクリニック

レジーナクリニック

医療脱毛の中でも効果が高いと感じたのは【レジーナクリニック】。そして、料金も全身脱毛+VIO脱毛セットなら、脱毛サロン並みに安いのがスゴイ!!

実際に院に行って調査した様子もありますので、こちらもご覧ください!

【資料公開】レジーナクリニック横浜の口コミより詳しい《予約から脱毛施術まで》の流れ

 

★迷ったらチェック医療脱毛おすすめ